借金返済できない高年収の人の考え方と手段


借金返済ができない人は、私がそうでしたのでつい自分と同じ年収の低い人というイメージを持ってしまうのですが、借金やローンの返済に問題を抱えて相談する人の中で高年収の部類、ひとつの目安となる年収1000万円の高額所得者の人の割合も多いそうです。

年収が多ければ多いほど、お金に困らないだろうと考えてしまいますが、その年収や年商を維持することの難しい自営業(会社経営)の方や、中には医者もいるそうです。

またスペシャリストな専門の職業の人が失職したケースなどの借金相談も多いそうです。

確かに、年収が多くてもそれ以上に負債があって返済しきれない場合は、借金の悩みは同じなんだと思いました。

借金返済できない高年収の人の考え方と手段。

それでも、高年収の方と低年収に属する人とでは、いざ借金に困ると借金相談、返済の考え方が基本的に異なるのだそうです。

高年収な人は、ある程度の返済能力とそれに伴う信用力を備えていることは自ら承知ですので、私もそうでしたが低年収の人が行き当たりバッタリでお金を借りるという発想とは違い、「いくら借りて、いつ返すか」を最初から考えて、また「どうやって返すか」を考えて借金をするそうです。

その、どうやって返すかには、金利の安い金融機関からの融資で借り換えることも選択肢として含むそうです。

一種の慢性的な借金のある状態、自転車操業のようにも感じますが、高年収ならではの返済能力がありますので、借金状態を続けて生活スタイルを維持していても生活苦には陥りにくいわけです。

低年収の人より高年収の人の方がお金の心配をしています。

借金がイコール借金苦にならないように、あらゆる計算をして収支バランスを気にしながら、尚且つ万が一にも生活破綻しないように心がけているそうです。

そう言われますと、高額所得者だから高額の保険に入るという心理も分かる気がしました。

私もそうですが、低年収の人が生活を守る、生活スタイルを維持するという考えが薄いのに対して、高年収の方はそのポジションは譲れないわけで、例えクレジットカードで多額の金額をキャッシングしようとも、それもライフプランニングの一部であり、返済に対する方法も幾つも備えてのことだそうです。

ですがその借金を抱えている最中に、不測の事態が起きて借金返済できない状態に陥りますと、高年収の方は低年収の方より信用力や具体的には融資枠が多いですから、比較的に大きな借金総額での債務整理の相談となるようです。

そして高年収の方は債務整理も返済手段という考えで徹底してます。

高年収の人は、借金が返済できないから債務整理するという発想より、計画に失敗したから一度白紙に戻して出直すという発想のようです。

そのため、債務整理する場合も前提として最初から返済免除の自己破産を申請したがるそうです。

失敗に未練を残さず次の成功を目指すという感じだと思います。

自己破産のデメリットや期間中の就業制限などに躊躇するよりも、出直した方が早いという考えです。

この辺の発想は、年収に関係なく借金返済できないやむを得なさは同じだとしても、前向きな債務整理と後ろ向きなものとでは、後の生活再建にも影響するのかなと思いました。

今後も、高年収で借金返済できない人が増加傾向だそうです。

それは日本の信用情報システム、融資制度が反映してしまうからだそうです。

日本はお金を借りる場合に、個人法人問わず、担保保証人の有無を問わず、働いていることが前提になっています。

無職でも、賃貸オーナーや株式配当収入があれば融資を受けれます。

その理由は税金を納めているからです。

もちろん職業や勤続年数や不動産所有(持ち家)状況、または金融機関のサジ加減などで、個々の融資枠の幅は異なりますが、基本的な物差しはこの納税金額によるところが多く、特に最近では能力給を採用している企業も増え、年齢や役職ではその人の本当の信用力(年収)が掴めないまま貸し出してしまっているという現状になっています。

高年収者を襲う貸し剥がし。

低年収の方が借金額が増え、信用情報で照会したカード会社が融資額を打ち切ってくる(キャッシングできなくなる)という体験談はよく耳にしますが、それと同じように30代で年功序列を考慮されて多額の融資を受けていた現在の企業の管理職の世代が、この納税額に沿った融資枠を基準に審査状況を見直されて貸し剥がしに合い、カードローン等のつなぎ資金、追加融資等を受けれずに、借金返済できないまま債務超過になってしまうケースが増加していく見込みだそうだそうです。

老後はいくらお金があれば困らないかという試算もよく見かけます。

そこまでの心配をしても仕方ないとは思いますけど、借りる側の私たちの意識が変わらなくても、貸し出す側の状況が変わってくることも考えて、借金をするならその返済期間を10年程度で考えたほうが丁度いいのかと思いました。

長く借金生活を過ごしている私の経験から、一度でも高年収とされる部類に入った人は借金返済できないとしても、それは一時的なお金の失敗で不思議なまでに復活していく人が多いと思っていますので、その辺のバイタリティも見習いたいと思いました。