自分や配偶者(他人)の借金残高を調べる方法


借金返済が苦しくなってきたけど、自分の借金残高を調べる方法が分からない。

或いは面倒くさいという理由で闇雲に払い続けてしまう時があると思います。

借入先ごとの返済状況をシッカリ把握しながら、借金全体の返済額をコントロールしつつ計画的に対処していくことが理想だと分かっていても、複数のカード会社でローンを組んでいたりしますと、余計に全てを把握するのは面倒で難しくもなります。

私もそうでしたけど「どうせ返せば減るんだから」という意識が「分からない、面倒くさい」という気持ちに蓋をしていました。

ですが、借金の残高を把握することは自分の信用情報を知ることにもなります。

次の融資の申し込みを検討する際や、また借金の相談をする際にも重要な資料になります。

自分や配偶者(他人)の借金残高を調べる方法。

また自分だけではなく、配偶者がもしかして借金をしているのではないか?

職場で信頼している部下にお金の管理も任せたいが大丈夫だろうか?といった場合や、遺産相続のために予め借金の有無を調べたいケースなどもあると思います。

ですが、どんな場合でも本人の協力や同意なしでは、他人の借金残高を調べることはできません。

それだけ借金とは重要な信用情報ということで、情報社会でのプライバシーが守られているという一面です。

それでも、どうしても配偶者や第三者の借金残高を調べなくてはならない場合は、本人の同意を得れば可能です。

借入先が分かっている場合と不明な場合で調べる方法が異なります。

借入先が分かっている場合は、取引履歴や手元の明細などから比較的簡単に調べることができます。

一方で借入先が把握できないほど不明な場合や、自分の返済の遅延記録が事故情報になっていないか?等を調べる場合。

それらに加えて、遺産相続の問題が絡むような本人に直接聞きにくい第三者の借金残高のケースでは、本人の同意の上で信用情報機関に照会することで、確実な借金残高が分かります。

借入先が分かっている場合。

借入先が分かっている借金残高

明細や領収書の借入残高を合算して調べる。

カード会社や金融機関のホームページで、自分の取引履歴で借金残高を確認する方法が最も簡単です。

複数のカード会社から借りている場合でも、それぞれの「借入残高」「融資残高」を合算すれば総借金残高となります。

上記はインターネットが使える環境が前提ですので、ネット接続ができない状況においては、紙ベースで取引明細や領収書で調べることができます。

返済した時に発行された明細書や領収書には借金の残高が記載されています。

あるいは金融機関が発行する請求書にも借金の残高が記載されていますので、これらの書類を1ヶ月分保管して調べて計算することで借金残高が分かります。

金融機関に取引履歴の開示請求をして調べる。

領収書等の書面を保管していなかったり、銀行口座からの引き落としで返済していても明細が発行されない場合など困り果てた時は、借入先の金融機関に取引履歴の開示請求をしますと、自分の借金残高を調べることができます。

取引履歴の開示請求となると、なんだか依頼しにくい感じもあると思いますが、この請求をする人の理由は「借金残高が分からなくなった」人ばかりではなく、自営業の方で借入をしている人は、申告の際には普通に取引履歴を請求します。

金融機関は理由を聞いてきますが、その際も「申告の為」と応えれば問題なく(怪しまれずに)応じてくれます。

そもそも金融機関は、取引履歴の開示をすることが義務ですので憶することはありません。

借入先が不明な場合。

返済期間が長くなればなるほど、どこでいつお金を借りたかを正確に覚えていられる人は少ないと思います。

また、インターネットや紙ベースで借金残高を把握できたとしても、信用情報機関での遅延情報の反映の有無によって追加融資の計画が変ってしまう恐れがある時など、より正確な借金残高と情報を知りたい時などは信用情報機関に情報開示を請求するという方法があります。

借金残高と情報を調べる

信用情報機関で調べる。

信用情報機関とは、文字通り個人の信用情報を管理している機関です。

「個人が金融機関から借り入れた金額、返済状況、残高、融資件数などの情報を収集・管理し、会員会社に提供する団体です(引用:コトバンク)

全ての貸金業者は、信用情報機関に加盟し貸付に関する報告および照会が義務付けられています。

3つの信用情報機関で管理されている7つの情報。

3つの信用情報機関。

  • 日本信用情報機構(JICC)
  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

管理されている7つの信用情報。

  • 借入先の金融機関の名称
  • 借入した日
  • その際の借入額
  • 毎月の返済状況
  • 現在の借金残高
  • 新規借入の申し込み状況
  • 遅延等の金融事故情報

日本の信用情報機関は、金融業者を銀行系、信販・クレジット会社系、消費者金融系というグループに分かれています。

金融機関は加盟が義務付けられていますので、3ヶ所の信用情報機関のいずれか、または1つの金融機関が複数に登録していますので、この3ヶ所の信用情報機関に自分の社金残高の情報開示を請求すれば、漏れなく借金残高も信用情報(金融事故情報)も分かります。

配偶者を含め第三者の借金残高も、本人の同意書があれば開示請求できます。

第三者の借金残高

※各信用状機関に、情報が存在しない(借金がない)場合も費用は返却されません。

日本信用情報機構(JICC)

主に消費者金融系の会社が加盟している情報機関です。

一部の銀行や信用金庫なども加盟しており、主にキャッシングや銀行カードローンで借金している場合は、このJICCに借入残高や状況が登録されます。

日本信用情報機構(JICC)で借金残高を調べる方法。

開示の方法 かかる費用 およその日数
直接窓口 500円 即時開示
郵 送 1000円 1週間~10日
スマートフォン 1000円 即時開示

出典:http://www.jicc.co.jp/kaiji/procedure/index.html

株式会社シー・アイ・シー(CIC)

主に信販系・クレジット会社が加盟しています。

自動車ローンやクレジットカードのショッピング枠などを利用した場合は、このCICに登録されます。

携帯電話の機種本体が通話料サービスと相殺され実質0円でも、割賦販売として立派なローンとしてCIC登録されます。

株式会社シー・アイ・シー(CIC)で借金残高を調べる方法。

開示の方法 かかる費用 およその日数
直接窓口 500円 即時開示
郵 送 1000円 10日程度
インターネット 1000円 即時開示

出典:http://www.cic.co.jp/mydata/index.html

全国銀行個人信用情報センター(JBA)

銀行や信用金庫、信用組合、労働金庫、農協といった預貯金を預かる銀行系の金融機関が加盟しています。

3つの信用情報機関の中で一番長く金融事故情報が記録される信用情報機関です。

全国銀行個人信用情報センター(JBA)で借金残高を調べる方法。

開示の方法 かかる費用 およその日数
郵送 1000円 1週間~10日

出典:http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/open/

借金残高を調べる方法まとめ。

借入先が分かる場合と不明な場合で借金残高の調べ方が異なるものの、信用情報機関に照会すれば事故情報と併せて、自分の借金残高を確実に調べることが可能です。

配偶者を含め第三者の借金残高も本人の同意書があれば、代理請求ができます。

ですが、いずれの方法も調べることができるのは「元金の残高」です。

利息(金利)も含んだ借金残高の正確な金額については、借入先の金融機関に計算して貰うしかありません。

次の融資を検討している場合は金融機関に取引履歴を問い合わせて正確な数字を把握したほうが得策です。

また債務整理を検討していて、自分の借金残高や取引履歴をを調べたい場合は無料相談してみますと、信用情報開示請求の面倒な手続きを代行してくれる専門家が殆どですので、借金返済の問題の解決ならプロの専門家に相談するのが一番です。


借金返済の問題の解決ご相談はこちら(無料)

借金返済 解決方法