借金返済のプレッシャーに負けないようにするには


意気込んで借金返済を終わらせたいと気持ちばかり焦って1日を無駄に過ごしてしまいました。

1日のうち良い状態が10時間あっても、たった5分の不安が、後の借金返済に大きな悪影響を及ぼすのではないかと心が凍てつくほどです。

素朴に感じるほど、どうして私から借金がなくならないのだろうと、いつまでこんな生活が続くのかと押し潰されそうな重圧にも気が滅入ります。

借金返済のプレッシャーに負けないようにするには。

借金を完済させるために大事なことは返済原資を確保することですの、それは単純に2つの方法しかありません。

  • 生活費を節約して借金返済に充てる。
  • 収入を増やして借金の返済に充てる。

同時に多額の借金に苦しむ気持ちを和らげる方法も2つしかありません。

  • 現金を増やす。
  • 借金総額を減らす。

常時この4つが自分の中で許容範囲であったり、それぞれ納得のいく数字であれば借金に悩まされることはないと思うのですけど、それが出来ていれば借金に苦しまないわけですので、単純なことだと思いますけど難しいことでもあります。

その上、数字では表れない借金を抱えている心の重圧もあります。

むしろこの見えない重圧が借金返済のプレッシャーとなって重く圧し掛かってきます。

私は過去最大で借金が300万円を超えて返済に苦労した経験がありますが、その時さえも返済そのものと同じぐらいこのプレッシャーに負けないように対処することが大変でした。

その時に気づいた借金返済のプレッシャーに負けない気持ち作り。

それは、これを繰り返していけば時間はかかるかもしれないけど確実に借金返済が終わるというものを1つ見つけることでした。

私の場合は、それがパソコンでありブログでしたので、借金のプレッツシャーに負けそうな気持になりますと、よくパソコンを開いていました。

返済残高など数字的なものは急激に減ることありませんので日々プレッツシャーを感じて焦ってしまいます。

ですが、コツコツとこれを繰り返していけば必ず借金が完済できて、尚且つそれが苦にならない趣味と実益を兼ねたものであるものがよいと思いました。

実際は、プレッシャーに圧し潰されてしまうのですが、そんな気持ちを前向きに切り替えていけるという、実践する方法を変えるといったような意味合いがあったと思います。

その繰り返しの行動が借金完済の延長線でも有効であることが理想と思っています。

借金返済の為だけに何かをするということは、本来は自由に使える時間を犠牲にしてしまっていますので、借金を返済するために費やす諸々の時間を借金完済後にも役立つような方法を見つけられますと、毎日の生活に具体的な目標や希望を感じれます。

その希望こそが唯一、借金返済のプレッシャーに負けない気持ちにさせてくれるものだと思います。


借金返済の問題の解決ご相談はこちら(無料)

借金返済 解決方法