借金生活の一石二鳥と2つのコツ


月曜日の朝だけは気力、体力充実の早起きで私の借金生活の1週間のはじまりです。

早く完済しなくてはと思いますけど、それ以前の借金地獄に舞い戻るか瀬戸際でもありますので、とにかく今日1日できれば今週が良い日の連続でありますようにという願わずにいられない瞬間です。

今日は特に月初でもあるので、余裕でハイローオーストラリアのキャッシュバック5万円も入る予定で、いま負け組に転落した私への繋ぎ止めかもしれないけど、ちょうどいいタイミングでサマーキャンペーンをしているらしく、借金返済の決心は固いのですけど借金生活の悪い方向へ誘われています。

ちなみに1週間で50万円負けると翌週はじめに前触れなく10万円のキャッシュバックがありました(個別対応かな)

借金生活の一石二鳥。

楽して得しようではなく、簡単には逃れられない借金ですので少しでも精神的負担を軽くしていくための一石二鳥です。

そうは言っても、私の場合は借金が増えるからやらないというわけにはいかないので、悲惨な結果を招いても好きなことで生活していると考えて、夢中になれることが借金返済に繋がっているわけですから一石二鳥と言い聞かせながら、今の借金額25万円は許せる範囲です。

自分の技術不足メンタルの弱さの代償で、敢えて貯金70万円からのマイナス25万円(約100万円)とは考えないようにします。

一方で同時に、好きなことをしての生活と、夢中になれることをしていられる一石二鳥な借金生活を持続させるためにも、やはり或る程度の経済的余裕は必要と痛感してきていますので、ここは瀬戸際、正念場です。

この一石二鳥こそを取り入れていくことが借金生活のコツのような気がします。

毎週そんな気持ちの月曜日の朝ですが、考えてみますと借金返済を抱えて苦しい精神状態の中でも歯を食いしばって、振り落とされないように必死で頑張ってこれたのも、好きだから、夢中になれているから継続してこられたと思っています。

もちろん最初からそうではなかったわけですが・・・

私の借金生活中の好きなこと。

私はまだ融資枠が残っている借金が可能な時は友人と遊ぶこと大好きでした。

その友人が特別に好きというわけではなかったのですが、その時間が一番楽しかったので、お金を借りてでも遊んでいました。

そんな借金が350万円まで膨れ上がって地獄を見て、借金返済の決心をしてからの好きなことは、「お金を返すこと」でした。

けして、お金を勘定するのが趣味というわけではないですが、僅かでも減らそうという努力することが好きでした。

というよりはそれしか選択肢がない中で、他に興味を抱く余裕がなかったというほうが近いかもしれません。

現実に今も25万円ほど本当にどうにかしたくて仕方ない気持ちも、そんなことに知恵を絞っているのも好きなことのひとつなのだと思っています。

私が借金生活で夢中になれること。

永遠に借金し続けられる人は、まずいないと思いますので、それぞれ返済するほうに回った時として、私の場合は夢中になったことは文字通り借金返済です。

お尻に火がついていますのでので、どんなにブログだパソコンだと言いいましても、それは手段であって目的は「完済」ですので、多重債務者が良きに悪しきも一番夢中になって、ならざる得ないものが借金返済だと思います。

現実に投資をギャンブル的に取引する方は、お金を借りて回っているうちは夢中になって取引する傾向がありますが、どこでもお金を作れなくなりますと今度は必死に金策に走る人を何人も見てきました(夢中になっています)

実際200万円から300万円ぐらいでパンクする人は10万円ぐらいは、まるで釣り銭のように何処かしらでお金を作れますので、そしてまた夢中になって取引を始めます。

今度の目的は借金返済です。

今の再びの借金生活は、或る程度は予測はできていました。

私は弱い人間ですので、完済してもまたキャッシングもするだろうし、大きなカードローンも組むだろうと思っていました。

もちろんこれまでのような無謀で無計画な返済ではなく、しっかりと管理のできる範囲内でとは思っていますが。

ただ何故いまなの?という、小金持ちにれない運命のようなものを感じながらも、借金生活の途中からこう事態も考えて、なるべく好きなこと夢中になれることで返済していって、完済した際には、それを伸ばしていこうと考えていましたので、或る意味では借金の完済をゴールとしていなかった部分もあります。

ですので今は、比べるには背負っている借金額が1桁違いますので何ともいえませんが、同じ借金生活でもドンヨリとした気分は同じでも、好きなこと夢中になれることをしていられることで、昔ほど精神的に苦しくはないです。

借金が減った今だからではなく。

苦しい借金生活の中でも、返済や金策以外に自分の好きなことや夢中になれることを見つけて、40%ぐらいその2つに気持ちを傾けることができて、それが借金返済に繋がる実利を兼ねたものですと一石二鳥だと思いますし、だいぶ前途が拓けるように感じれて、それが最善の借金生活のコツだと思います。

その好きなことや夢中になったことで借金が増えていったわけですから、そのジャンルを変えて借金返済に繋がるようなもの見つけるといいのかなと思っています。

ですので私も、借金返済の決心をしてからというものは、好きなことであった友人との遊びも極端に減り、その時間は取引ばかりしています。

それはそれで社会性に欠けていきますのでバランスが大事かと思いますが、今はそれが唯一の好きなことで夢中になれている借金生活ですので一石二鳥と思って、残り25万円の完全な完済を目指して頑張る覚悟です。