大きな金額と小さな借金


なんだかんだと地味に増えているような気がしないでもない借金。

毎日、毎日1万円ぐらいずつ負けていき大台の10万円が近づいてきてるような感じで、その流れを食い止めることができません。

今の私には10万円は大台の借金ではないけど、普通の感覚で10万円もキャッシングしたら戻る(完済する)のに結構大変なことを知っているので、なんだかズルズル行っちゃいそうな感じだけど、それでいて危機感もない。

大きな金額を扱うことで小さな借金に慣れてしまったのかも。

それが良いことか悪いことか分からないけど、どうしようか?来月2日のクレジットカードの引き落とし。

パソコンをクレジットカードで購入したのは失敗だったかも、それに妹の利用分も返済しているから地味に苦しい。

今の私は借金返済っを抱えながらも、労働の代価を得るんじゃなくて実力に見合う報酬の道を選んだので、働いたら負けだけど時給が欲しいな。

真剣に10万円の借金ならまだ考えようがあるけど、20万円だとちょっと暗雲が立ち込めてくる気がするので、せっかく掴んだ未来の扉を自分から閉じないように頑張ろうと思います。

例えば証券口座に300万円のお金があるとします。

そのお金は全額が借金で1万円でもかけると、収支がマイナス。

全額なくなれば勿論、まるまる300万円の借金になるお金で取引をしますと・・・勝ったり負けたりでおおよそ280万円~320万円前後の間を推移すると思うのです。

取引の過程で、320万円~280万円に口座資金が減れば40万円の損失で、逆に280万円のしきんが320万円に増えれば40万円の利益となるのですが、人の心理って不思議なもので、元金が300万円のため320万円のうちの20万円だけを純増利益と計算してしまうのです。

ついさっきまで20万円もマイナスだったことは、のど越し過ぎれば何とやらで忘れてしまうのです。

同時に赤字のラインも下限として作ってしまいます。

もう1度原資が280万円を切るようであれば、危険だという防衛意識が働きます。

往々にしてリスク管理とは別に、自分の資金の都合で相場取引をすると良い結果が出ないわけですが、それは大きなお金を動かしていても実際になけなしのお金であるからだと思います。

これ以上絶対に失えないお金だということを感じた時は1円の取引さえ怖くなります。

つまり私にとっては、とても大きな300万円で1万円の利ザヤを稼ぐという行為は、お金持ちも人が10倍の資金の3000万円で10万円の利ザヤを稼ぐのと同じ理屈なのです。

違うことは、そのお金を全額失っても大丈夫かどうかの問題の違いだけでです。

借金額に例えますと・・・

借金300万円は私には多額で苦しむほどの借金額ですけど、数億円の資産を持つ人には苦しむほどの金額ではありません。

また300万円の借金を抱えている最中でも、100万円の現金が手元にあれば、仮に合計400万円の借金と増えたところでも精神的には余裕ができると思います。

また300万円の借金の返済に大変な人が、借り換えることで500万円の借金になり、そのうちの50万円は自由に使えるお金という場合でも借金苦な気持ちが増すという感覚は少ないと思います。

ひとえに借金総額と月々の返済額、返済回数のバランスによると思いますけど、多額な借金はより大きな金額の借金をすることで「小さな借金」に代わることもあるということです。

大きな借金を大型融資として、小さな借金を個人の借金としますと、個人の借金を大型融資の中に含ませてしまえば良いのです。

それが可能な方法が「創業資金(助成金)融資」だと思っています。


借金返済の問題の解決ご相談はこちら(無料)

借金返済 解決方法