借金返済に縛られる気持ちが憂鬱です


明日からの借金返済がとても憂鬱です。

前倒し組み直ししていない「おまとめローン」の返済は丸ごと残っているので、その返済を手始めにとうとうクレジットカードもリボ払いにしてしまったので、しばらくはまた以前のように肩に重いものを担いでいるような気持ちで過ごさなくてはならないと考えただけでも、一度でも多重債務者としての苦しみを味わうと返済可能な借金であっても重苦しい気持ちになります。

借金返済に縛られる気持ちが憂鬱です。

特に今回はキャッシングしている約20万円は気にしないでいられるのですけど、クレジットカードで一括払いの予定のパソコンの購入代金をリボ払いにしてしまったことが後味の悪さになっています。

私にとって生活用品のリボ払いやローンは、借金に該当しない返済分なのですが、それでも実質的に返していくことに変わりないので思わぬ負担となっています。

金額というよりも、リボ払いでしか支払えないという予定外なことが憂鬱にさせています。

300万円を超える借金を抱えたことも始めてんら、一瞬とはいえ口座上での収支の上で完済できたのも始めての経験なので、正直なところ借金返済が終わったという感覚が薄くて、もともと貧乏育ちの星の下なので、お金が貯まらない人なのかもしれません。

そんなことを考えると「借金体質」から抜けていない自分にも憂鬱な気持ちになります。

そのくせコツコツ返済していくことができないし、懲りずにまた借りてしまうし、これぐらいの借金は何とかなるだろうぐらい(だって何とかしてきたんだから!)の気持ちで油断しています。

計画性があれば明日の返済日も心の手帳から消えていたのになの「たら、れば」ばかりです。

私はどうしても一瞬とはいえ、一番いい時を基準にそれ以下は損しているという気持ちになるので、完済時の貯金分のマックス70万円が基準になっています。

だから今はキャッシング20万円とパソコンローン40数万円と併せて実質的な借金60万円は、貯金70万円から借金60万円になる合計130万円を失っている気分なので、当面の返済に困ることはないものの、それであればキャッシングもせずパソコンも買わずに、貯金70万円の時点で30万円借りて100万円にしておけば貯金の意欲と勢いもついたのかなと、作戦面の失敗を感じています。

そんな考え方をするのも借金体質が抜けてないことの証で、一歩間違えばまた多重債務者に戻るという紙一重のところなのかもしれないと、1度350万円まで借金が膨らんで痛い目を見ているだけに注意はしています。

お金の憂鬱がもたらすアンバランスな生活。

特に、悩みごとが借金となりますとものすごいストレスも感じます。

両肩に重しが乗っているような体(心)の重さを感じます。

その澱んだ気持ちが生活のリズムを狂わせて、日常生活の面白みを失くすのだと思います。

私は今でもあまりテレビは見ないですが、それは意識的に見る必要を感じないからですが、多重債務のドン底の頃はテレビをつけることができないほど塞ぎこんでしまった時もあります。

もちろん大好きな音楽も聴かないで、車のカーステさえ無音という精神的に追い詰められたような、とにかく「借金、お金、お金、返済」と、そのことばかり考えて煮詰まってしまったことがありますので、そんな苦い記憶を思い出すことも憂鬱な原因のひとつです。


借金返済の問題の解決ご相談はこちら(無料)

借金返済 解決方法