パチンコの借金を返済中に病気になり自己破産しました


私は20歳になる頃にはドップリとパチンコにはまってしまい消費者金融からの借り入れが3社。

クレジットカードのキャッシングも150万円まで達して、借金総額250万円で自己破産した主婦です。

うちは共働きで働いていましたので、当時の毎月の返済額8万円余りはなんとか返済していけるものと考えていまししたが、いくら共働きとはいえ前月8万円の返済をすることは、家計に対して大きな負担となり身から出た錆とはいえ、次第に私の体調が悪くなり心療内科に通わなければ眠れない日々が続きました。

パチンコの借金が大きすぎて病んでしまったのだと思います。

それ以降はパチンコはじめ他のギャンブルも止めて無駄遣いも一切やめて借金返済を頑張りました。

幸い子供がいなかったこともあり、また夫が協力もしてくれたので借金返済は計画的に進んでいきました。

しかし私の病状は日増しに酷くなっていき、それでも借金返済は待ってくれませんので会社を休むこともできず、まるで借金返済のために仕事をしているような状態で精神的にも追い込まれていきました。

そして遂に会社を長期休養せざる得ないほどの健康状態の悪化に見舞われてしまいました。

借金は共働きであればある程度、無理なく返済をしていくことできましたが、私の収入が途絶えてしまったことで急な生活苦に陥りました。

お金がなくなると気持ちにも余裕がなくなり、夫の機嫌も日増しに悪くなりそれに比例するかのように私の病状の回復も思ったより進まず、なかなか職場復帰が出来ずこのままでは夫婦生活さえおかしくなってしまうと、せめてこの借金からだけでも逃れることを考え始めました。

そんな時に何気なく見た女性週刊誌に「150万円の借金がゼロになった」という広告を見ました。

ちょうどそのころ私の借金も200万円を切っていたところでしたので、もしかすると私も同じように借金が0になることができるのかしらと思いました。

最初は疑心暗鬼でした。

でも後がないことから好奇心にも似た、興味半分の気持ちでネットで弁護士に相談をしました。

応対してくれた弁護士の先生は、開口一番「収入がないのであれば返済できませんね。」と言ってくださったことを覚えています。

当たり前のことなのに、私は借りた物は返さなくてはいけないという固定観念にがんじがらめになっていて、自分の体調が最悪な状況の中でも借金返済しようとしていました。

そして弁護士の先生からさらに、「病気になった人が借金返済から守られるのが債務整理という、国が定めた支援制度ですよ。法的な措置ですから安心してください。」そう言われて気が楽になりました。

結局、特に財産もなかった私たち夫婦でしたので、夫と相談し会社に内緒で私は自己破産を選択しました。

病気ということで裁判所からの免責もすぐにおりて、あのとき広告で見たように実際に200万円近くの借金が0になりました。

周囲の人は私が自己破産したことは誰も知りません。

そして借金から解放されて少しずつですが病状の方も回復に向かい、夫婦の関係も以前のように何でない笑いのある暮らしに戻ることができていますので、自己破産という人聞きの悪い借金の債務整理の方法ですが、相談して良かったと今では思っています。


借金返済の問題の解決ご相談はこちら(無料)

借金返済 解決方法