借金まみれなら敢えて大きな融資を受けるのも1つの返済方法です


例えばカードローンの借金が200万円あるとして、毎月の返済が約5万円として返済も苦しい状況。

そこから更にジワジワと借金100万円が増えて、借金300万円の毎月の返済が約8万円(金利は18%計算)

そこから返済のために別のカードローンで50万円の借入をして一息つくも、借金は合計350万円で毎月の返済は約10万円。

これが私の借金まみれだった時の、大まかな借金の増え方でした。

ジワジワ増えていく返済に焦らされる毎日でした。

借金まみれで返済だけが増えるから焦っていたんだと思います。

借金の返済額が増えて返せなくなるという焦りと、収入が入ってこない怖さも感じた時がありましたけど、一番は状況が悪くなっていくことに対して落ち込んでいくというか、それ以上の悲観的な気持ちになっていた時もありました。

少しでも「明日から良くなる」と思えれば精神的な面で違うと思いますけど、借金まみれになりますと、なかなかそういう風には思えませんでした。

ジワジワ増える借金にジワジワ焦らされていたように思います。

借金がゼロになることが1番いいですけど、返済だけが増えるのではなくその分の融資も受けれれば、借金返済に苦しまない一種の返済方法だと思います。

ただチビチビ借りても状況は悪くなる一方だと思いますので・・・

敢えて大きな融資を受ける、それも1つの返済方法だと思います。

例えば借金200万円の状態で、プラス200万円の融資を受けて合計400万円。

ただし新たに借りた200万円は当面は返済に充てることもできて、その他自由に使えるお金。

すぐ無くなる無謀な借金増と思えば、もっと飛躍させて借金200万円の2倍の400万円と大きな融資を受けて合計600万円。

どの道、返済はしなくてはならないお金ですけど、気持ちの面ではだいぶ違う借金まみれを抜け出すひとつの方法だと私は思っています。

但しこれには、これ以上借金まみれにならない為の条件が3つあります。

  • 返済期間が長くなくてはならない。
  • なるべく安い金利でいっぺんに借りなければならない。
  • 安定した収入があること。

この3つの条件を満たせば、大きく借金を増やして「今の苦しみ」を1度抜け出して、計画的に長期に渡って返済していけばいいと思っています。

極端な話し、「200万円の借金を抱えている人に誰かが2000万円を融資しましょう」

「10年かけて毎月約25万円を返済してください」という申し出があれば、200万円の借金を返済した残り1800万円で当面の6年間は返済していけます。

もちろん毎月25万円ずつ返済していければ越したことはないですけど、返済できなくても私ならその6年間で、お金が底をつく残り4年間をどうやって毎月25万円ずつ返済していくかを全力で考えると思います。

そう考えて、1年計画の大きな融資を受けようとしています。

もちろん金融機関からです。

目標融資額は1000万円弱です。

但し、個人では無理です。

もう半分は夢物語の世界ですけど、今年の初めに借金が完済に近づくと予定して、個人事業主の届け出をして確定申告をしています。

一応、開業半年が経過しそれなりの帳簿をつけて社労士も1ヶ月5000円で契約してます。

なので、日本政策金融公庫に開業資金と設備(運転資金)の合計700万円の融資申し込みをする予定です。

同時に信用金庫から信用保証協会を通じて500万円の融資を申し込む予定です。

併せて1200万円です。

大きく借りる条件のうち、安定した収入だけがないのですが・・・

利率(年率)は高くても3%で返済期間は7年~10年です。

満額融資で1200万円を借りれた場合は毎月の返済額は約15万円です。

ただ満額は期待できないので、減額されて1000万円借りれれば大成功と思っています。

その場合は1年据え置いてからの返済でも良いのですが、きっちりと返済して追加融資の計画も予定だけ作っておくつもりです。

大きな融資に絶対的に必要なものが確定申告書です。

個人事業主の開業届は10万円で立派な会社印を作ってもお釣りがきます。

事務所も自宅に表札を出せばOKです。

つまり個人向けのフリーローンが銀行カードローンや消費者金融ローンで、事業者向けのローンは融資の目的(使途)枠、審査などが異なるのです。

私は確定申告も1月に開業して3月に申告していますので、自然と少ない金額です。

帳簿も少しずつ右肩上がりに売り上げが伸びてるように、あまりノウハウは明らかにできないのですが、昨年から春先にかけて貯めた為替取引のお金で出し入れして、大きな融資を受けれたことで事業も軌道に乗ってきて、そろそろ法人化してみましたという方向でもいます。

サラリーマンでも副業創業のような形でもできるのですが、今はとにかく女性雇用創出の時代なので、女性がブログしてます(IT、ソーシャル)でお金が借りれる(可能性のある)時代です。

融資とは違い返済不要の助成金を受給させるためのコンサルタントという業種もあるようです。
そっちは成功報酬制で、助成金を受給する規模が大きな会社で専門性のある人が独立した場合など条件が私には難しいので、まずはダメ元で試しに制度融資からという感じです。

ただ何度も申し込んでいれば、いつか融資を受けられると借思いますので、為替取引でコツコツ貯めてきた資金をこれ以上溶かさないように、かつ少しずつ増やしながら目指せ大きく1000万円です。

この融資を受けることに向いているのが借金主婦だなって思いました。

書類作成や申し込みの段階で、金融機関の担当者と面談のような形になります(保証協会は訪問されます)

その時に借金に慣れていたほうが、お金を借りて返す考え方が相手に伝わるしアドリブも効くような気がしました。

主婦の起業も今はすごい支援体制なので、そういう方面の「会」に入ると必ず相談に乗ってもらえると思います。

口をきいてあげるかわりに見返りとして・・・もよくある話しです。

個人で借りている借金は大きく遅延していなければ不問です。

信用情報が悪い場合は、日本政策信用金庫は保証人もしくは担保が必要となります。

信用保証協会は保証人不要です。

納税しているから融資を受けれるという事を今さら気がつきました。

もうひとつ確定申告をすることで有利な面は「おまとめローン」の審査が通りやすくなる可能性があります。

申告は自由ですので、年収1000万円で申告すればそれなりの融資枠になると思います。

ただし税金は自己破産しても免除されませんし、申告した後のローンの審査が通らずに税金だけ納めるという悲惨な状況も考えられますのでお勧めはできませんが、理屈上は有利になると思います。

税金を納めることで融資が受けれるという基本的なことを今さら知り、最近は少し税金を期日通りに払うのが楽しみな面も出てきてます。

それもこれも大きな融資を受けて借金を長期で返済するという1つの方法のためですが。


借金返済の問題の解決ご相談はこちら(無料)

借金返済 解決方法